リモサボンの成分と安全性

成分と安全性

リモサボンの成分と安全性

こちらがリモサボンに使用されている成分です。

安全が確認されている成分ですので安心して使用できます!!

1、界面活性剤 27% ポリオキシエチレンアルキルエーテル

2、ポリオキシエチレン脂肪酸メチルエステル

3、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩

リモサボンには三種類の界面活性剤が使用されています。

洗剤に使用される代表的な界面活性剤です。

界面活性剤は様々な容器に表示成分として表記されていますが、どんな働きがあるのかよくわからない事も多いと思います。

そこで界面活性剤についてまとめてみました。

 

1、ポリオキシエチレンアルキルエーテル

キッチンや洗濯など、日常生活のあらゆる場所で使用される洗剤に使われている界面活性剤です。

2、ポリオキシエチレン脂肪酸メチルエステル

水の硬度や電解質の影響を受けにくく、他の全ての界面活性剤とも併用できるのが特徴の界面活性剤です。

3、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩

水に溶けやすい事と、皮脂や油の汚れに高洗浄力効果のある界面活性剤です。

界面とは何でしょう?

物質と物質との間には境界に成る面があるわけです。

この境界面の事を界面といいます。

物質は固体、液体、気体があります。

例えば、

食器と御飯、

ペッとボトルとジュース、

油と水、

お風呂のお湯と蒸気、

いろいろなところに存在する境界です。

活性剤とは何でしょう?

性能を向上させ機能を発揮する薬剤の事です。

 

界面活性剤のまとめ

2つの異なる物質の界面にて、その性質を変化させる物質が界面活性剤です。

普段はあまり意識する事のない物質と物質の境界ですが、界面活性剤はこの2つの物質を混ぜ合わせたり、浸透させ易くしたり、泡立ちを良くしたり、滑りを良くしたり、静電気を防いだりと色々な働きをします。

その働きを利用して衣類に付着した汚れの物質と、衣類の境界に作用して離れやすくする事で汚れを落とすのです。

アルカリ剤とは

アルカリ剤は皮脂の汚れや油汚れ等の酸性の汚れを落とすのに効果を発揮します。

アルカリ剤は油脂の成分(脂肪酸)を乳化させて溶かします。

酸性の汚れをアルカリで中和する事で落ちやすくなるからです。

そのほかにPHを調節する事にも使用されています。

PH8以上がアルカリ性に成りますが、数値がPH14に近づく程にアルカリ性が強くなります。

洗浄力が増し、たんぱく質を溶かす力も増しますが、その分衣類の素材なども傷めてしまう可能性が高くなります。

一般の家庭用洗剤ではそのような高いPHの洗剤はないので安心ですね。

 

蛍光剤とは

白い衣類などの白さを増す働きをします。

白色系の衣類など製造の過程で蛍光剤が使用されていますが。

使用回数が増すごとに、洗濯回数が増すごとに落ちてしまいます。

その為に蛍光剤で白さを長持ちさせる効果が有ります。

色物など洗濯する場合は色合いなどが変わってしまう事があるので、白色系を洗濯する以外には必要ないと思います。

リモサボンには蛍光剤は使用されていません!